ring bunko リング文庫

<リング文庫>

本はまだまだ繋がれる。

本好きがおすすめする、おすすめの本しかない古書ブランド。
リング文庫の本には、本の数だけオンリーワンのストーリーがあります。

RING BUNKOは古書店であって、単なる古書店ではありません。出版社の垣根を越え本のリノベーションを行う、もうひとつの出版社でもあります。そもそも古書店などが行う「リユース」とは、いらなくなったものの回収場所ではなく、次の愛好者へモノの価値を繋ぐ手段。「大切だからこそ旅をさせたい。多くの方に読んでほしい。」と願う選出者(お売り頂いた方)の想いが、次の愛好者へ確実に届くように。出版業界が衰退する中で、もう一度紙本の魅力が伝わるように。本の内容以外の価値観も大切に伝えていきます。本の数だけストーリーがある。すべてオンリーワンのRING BUNKOを、どうぞよろしくお願い致します。

リング文庫は静岡にあるTENYNEOというお店からはじまった古書ブランドです。